東芦田ってこんなトコ


兵庫県丹波市青垣町東芦田は、兵庫県の北東部に位置し、丹波市青垣町の東の玄関口です。
(北は福知山市、西は氷上町)昔から周辺を含めた交通の要衝でもありました。
芦田川沿いに広がる南北4kmにわたる細長い集落で、周囲は標高500m程度の山々に囲まれています。

主産業は農業(第2種兼業が主)です。米や栗など全国的に有名な産品があります。
人口約800人、世帯数約200世帯、高齢化率27.3%。
豊かな自然の恵みと古民家などに見る歴史、子供から高齢者まで元気に暮らす和やかな郷です。

東芦田は「田舎」を力強く発信します。
ごくごく普通の田舎でありながら、何かしら他とはちがう…東芦田でしか体験できない楽しさ、
元気があります!

交通アクセス

■自家用車でお越しの場合
 舞鶴若狭自動車道 春日ICから北近畿豊岡自動車道春日和田山道路
 青垣ICから東へ10分弱

■公共交通機関でお越しの場合
 JR福知山線で柏原駅下車、 神姫バス(佐治行・大名草行)

■JRおでかけネット(列車の時刻表検索)

■神姫バスHP(路線図・時刻表検索)


主要課題

少子高齢化(担い手不足)・集落、農地、コミュニティ維持の困難

→まずは多くの人に東芦田を知ってもらいたい!


特徴

少子高齢化に対する危機感から集落では、多種多様な都市農村交流に着手し、町内でもパイオ
ニア的、モデル的取り組みが行われています。

◇資源は少ないが、「志源」は豊富
◇明るく素朴な人柄
◇ずば抜けた行動力と実行力

■志源とは?
地域の資源を活かした新しい村づくりの推進を担う住民の活動を「志源」と呼んでいます。

◇ごりんかん
◇江古花園
◇東桃太郎王国
◇東紫園
……
……
……
……
都市農村交流の拠点。 丹波自然塾(交流プログラム開発)との協働。
茅葺民家の保全と活用、はす園づくり、里山づくり。
完熟桃のオーナー制度。
ぶどうを中心とした体験農園とぶどうオーナー制度。

◇東栗園 観光くり園
◇百菜倶楽部 地産地消・旬産旬消

むらづくりコンセプト「田舎源流」


丹波の魅力は、ずばり「田舎」であることです。

地方ではこの「田舎」という単語に負い目を感じることが少なくありません。
しかし「田舎」とは、「都市」の対義語ではなく、生活様式そのものです。

「田舎」とは、気候・風土や立地等の状況・条件だけではなく、歴史・文化、3つのいき方(生き方・活き方・逝き方)、人と自然との関わり方、住まい方すべてを指します。

丹波市青垣町東芦田には、失われつつある季節感や日本人の源流となる風景、暮らし、つきあい、生き方が辛うじて残っています。私たちは回帰すべきだと考えました。そして、誤解を恐れず、大きな声で、発信することを誓いました。

私たちは「THE 田舎もの」です。

「田舎源流」は、田舎づくり、誇りづくりであり、力強く胸をはる「THE 田舎もの」づくりを意味します。

農林業、自然、ものづくり、交流・対流、やさしさ、純粋、慈しみ、パワー、オリジナル、アイデア、アートなどを包含した「田舎」を見直し、これを基本に発信していくことが丹波の魅力づくりにつながると考えています。

東芦田マークのデザインコンセプト


◇田舎を力強く発信する、「力こぶ」を表現しています。
◇青垣町内で最も早く日が昇る集落であることから日の出をイメージしています。
◇地域の自慢である“ひと”に似せています。
◇ひっくり返すと東芦田の“ひ”になります。



このホームページは、平成16年度「丹波 地域団体活動パワーアップ事業(地域づくり活動応援
事業)の助成から出発し、平成29年に大規模リニューアルで制作されました。

◇運営:東芦田自治会
◇デザイン監修・Webデザイン:株式会社アシダコーポレーション
◇写真提供(一部):神谷潔

地域資源

ごりんかん
「田舎の手触り」

江古花園
「田舎の遊び心」

東桃太郎王国
「田舎の旨さ」

東紫園
「田舎の旨さ」

丹波 東芦田ってこんなトコ

関連情報・リンク

丹波・東芦田ブログ 丹波・東芦田ブログ  丹波市観光協会 青垣町観光協会 人と自然の博物館 人と自然の博物館